インターネット放送局

知的障害を持つ人たちが中心となって番組制作を行う放送局です、毎月1回こう新しています

きぼうのつばさ〈第45回〉最新

2020年5月22日(金)

制作 有光一仁/山田浩/池辺昌史/今井明日香/北角和恵/黒田謙介
西野貴善/春島海斗/畑中満智/前岡莉乃/福岡挙/山下楓稀/山本俊作
プロデューサー:井道寛哉/樋口廣/吉田和美
エグゼクティブプロデューサー:小川道幸     統括:林 淑美
番組のみどころ 番組の見どころをチャプターごとにご紹介します
  00:00〜 | オープニング  
  00:42~ | 特別編成 「あいむはっぴぃ!と叫びたい~後編~」

大事なおしらせ

新型コロナウィルスのえいきょうは、今もつづいています。
そのため、5月放送も特別編成でお送りします。

Chapter 1
▶▶00:42~ | 特別編成

「あいむはっぴぃ!と叫びたい~後編~」

4月に放送した、「あいむはっぴぃ!と叫びたい」今回は、その後半です。

   

パンジーメディアの番組「きぼうのつばさ」の放送が始まったのは2016年9月でした。実は、この1年前に、パンジーメディアを始めるきっかけとなったドキュメンタリー映画のさつえいが始まりました。「あいむはっぴぃ!と叫びたい」です。社会の人は、知的障害者のそんざいをほとんど意識していません。かれらがどんな人生を歩んできたのか、何を感じ、どんなことを思っているのか。そのありのままを知ってほしい。そんな思いで作られた作品です。

   

ピープルファーストと出会ったパンジー。その出会いは、パンジーの活動に大きなえいきょうをもたらしました。そして、「自分で決める」と「どんなに障害が重くても地域でふつうにくらす」は、パンジーの活動の大きな柱となっています。
「あいむはっぴぃ!と叫びたい」は78分の作品です。

これまでの放送