みなさまのコメント

ご意見・ご感想をおよせください

インターネット放送や映画、本についてのご意見・ご感想を受け付けています。
よせられたコメントの中から、承認をいただいたものを一部掲載しています。
コメントの投稿は下記のフォームよりご入力ください。

 

第89回へのみなさまのコメント

Sさん新着

はじめて番組を観ました。知的障害者による進行に新鮮な感じを受けました。今までこのような映像を観たことがなかったので、学ぶことの多い番組です。

2024年3月1日(金)

Rさん新着

映画「月」のご紹介ありがとうございます。“善と悪”。感想のコメントを伺い、映画をまだ、見ていませんが、考えさせられました。現場で心や希望を失わないように、より良い社会へ変えていきたいと感じました。次回の放送も楽しみにしています。

2024年3月1日(金)

Kさん新着

パンジーの眼で津久井やまゆり園を題材にした『月』について僕はまだ映画を観てないのですが、当事者の思いが全く描かれていないという部分は残念に感じました。
映画を観た後、中山さんが「犯人の元職員も最初は良い人だったのに」という感想があったのが印象的で、働く中でどのようにボタンを掛け違ってしまったのだろう。
入所施設という異質な環境が人を人として見れなくしてしまうのか、それほどまでに歪んでしまう思想というものが、どこから生まれるものなのか、知りたいと思いました。

2024年3月1日(金)

Mさん新着

「知的障害者も言葉が出ないだけでみんな心がある」という中山さんの言葉は、当たり前のことですが、私の心に響きました。知的障害者も人間です。怒り、悲しみ、喜び、いろいろな感情があり、夢や希望があります。私たちはそれを忘れてはいけないと思いました。

2024年3月1日(金)

Uさん新着

私の歴史で奥園さんがいじめられたり仕事がしんどくなってやめたことを話せるようになったのは、パンジーでの仲間との出会いがあったからではないかと思いました。
キッチン。お茶にいろいろな効果があっておもしろいですね。みんなが幸せそうな表情になるところが良いですね。

2024年3月1日(金)

Tさん新着

私の歴史の奥園さん。過去のつらい記憶を話すことは勇気がいったと思います。そしてそれを乗り越えてでも伝えたいという強い思いが、奥園さんの表情にあふれ出ていたように感じました。

2024年3月1日(金)

Hさん新着

シンポジウムの感想です。北欧でできたことが、なぜ日本ではできないのか。根本にあるのは一人ひとりの意識だと思います。当事者は支援学校を卒業すると施設に入るのが当然と思っている人が多い現状ではなかなか施設解体が進まないのだと考え、このようなシンポジウムなどで一人ひとりの意識改革をすすめていく重要性を感じた。

2024年3月1日(金)

Sさん新着

シンポジウムの自立の話ですが、まだまだ地域には障害者の自立しているロールモデルが少なく、自立をするのはハードルが高いなと思いました。これから何年かかるかわからないが、地域に障害者のある人が普通に生活をしている町にしていければと思います。

2024年3月1日(金)

Mさん新着

パンジーキッチン、お茶好きなので大変興味を持ちました。それぞれの茶葉の効能などもっと知りたいと思いました。麩とさとうきびで作ったおやつ、おいしそうでした。

2024年3月1日(金)

全てを表示

投稿フォーム