みなさまのコメント

ご意見・ご感想をおよせください

インターネット放送や映画、本についてのご意見・ご感想を受け付けています。
よせられたコメントの中から、承認をいただいたものを一部掲載しています。
コメントの投稿は下記のフォームよりご入力ください。

 

Kさん | 大阪府新着

今日、さっそく第61回『きぼうのつばさ』の放送を視聴させていただきました。
みなさんの演技をとおして、こちらがうきうきしてきました。
最後の、感想を伝えてくださっているときの表情もすばらしいですね。
企画力も本当にすごいし…コロナでくよくよしている場合じゃないですね。
演技を通して表現すること、もっと日常的にとりいれることで
積極的になったり、うまくいくことがあるのでは、と思わされました。
とにかくみなさんのポジティブなパワーで力をもらったことにまずは感謝申し上げます。
ありがとうございました!

2021年10月6日(水)

荒木太郎さん | 東京都新着

先日は「ジェットマン」上映で大変お世話になりました。
拝見いたしました!!
懐かしいお顔を子供と皆が楽しみました。東大阪から高松まで大ロケーションですね。お疲れさまでした。一度お会いしたりお話しした方ばかりでしたのでお元気な姿をドラマで見ることができたことが嬉しかったです。林さんのお顔が暗くて良く見えませんでしたが子供はすぐに気づき笑ってました。小川さんは何か面白くて良かったと言っています。立派なお屋敷はどなたかの御実家ですか。出演している皆様の存在感に圧倒され素晴らしかったです。大変な撮影をお察しいたしますが今後ともどうか作り続けて下さい。躊躇なく表現できる場は私たちにとって必要な場です。

2021年10月6日(水)

Mさん | 大阪府

5年間・毎月続けていらっしゃることに敬意を表します。(アッパレ!)
いろんなコーナーに、それぞれの特色と魅力がありますね!
ひたむきな情熱と創意工夫の結晶なんですね。
当事者のワークショップと言えば「笑顔になってもらう」が命題のようですが、
皆さんの表情を見ていると、「熱中してもらう」ことも大切だとわかりました。
ドラえもんがいなくなっているところは感動しました。
安原さんのYouTubeへのチャレンジとステップは素晴らしいですね!
スタッフの方もおっしゃってましたが、表現する場づくりって本当に大事なんですね。

「闇の王」撮影中に「津久井やまゆり園」事件が起きたのは偶然ではない気がしてなりません。
時代の空気を感じての制作開始だったのでしょうか。
当事者の皆さんが、本音で声を上げるきっかけになったのですね。
「私の歴史」は、本当に良いコーナーですね。
出演することで、自分も周りも良い方向へ変わったとは、最高です!
「ありのままの姿、人生を知ってもらいたい」
こうした林さん、支援者の皆さんの願いに通じています。
デジタルストーリーテリングの手法と考え方も興味深いですね!
外部へ発信することが、内面を見なおすことにつながる。
名古屋大学とパンジーメディア、二人の小川さん!の意見にも同感です。

2021年9月15日(水)

Nさん | 大阪府

映像を通して自己表現するって素敵ですね! わたしが関わっている障害者の方たちにも挑戦して欲しいな。有光さんのドラえもんは有光さん自身だったなんて、驚きでした! 奥深い~。

2021年9月15日(水)

Kさん | 千葉県

前回の『きぼうのつばさ』冒頭で、バーバラさんが亡くなったことを知りました。
本当に、コニーさん、バーバラさんが日本に来て、資料を置いていかなかったら、カナダでのピープルファースト世界大会にあれだけ日本から当事者が参加することはなかったでしょうし、日本のピープルファースト運動は5年、10年遅れていたかもしれませんね。
図書館からパンジーメディア制作のDVDの注文が来ているのは嬉しいですね。
知的障害当事者が発信する貴重なコンテンツですから、福祉系の大学で、福祉教材として使って頂くだけでなく、一般の図書館で多様なメディア素材の一つとして、見ていただけるといいですね。

2021年6月30日(水)

Tさん | 横浜

年度初めから忙しく、先ほど56回と57回をまとめて鑑賞しました。
二本ともユニークです。素晴らしい内容です。命の誕生に参加していたメンバーの真剣な思いが伝わってきました。辰巳さんの誕生が帝王切開だったとの落ちもよかったです。吉本顔負けではないですか。
田上カサさんの心象風景に感動しました。
仲間には心がある、と叫びたいです。
田上さんがノートに鉛筆で言葉を紡ぎだしている心の営みの豊かさを多くの人に知ってもらいたい。知的障害のある人たちの内面世界は多様で多彩であることを。64年という人生にはいろんな悶えがあったと想像されまるのですが、紡ぐ言葉は暖かく明日の確かな希望を語っていることに、耐えて乗り越えてこられた時の刻みを感じます。
いつものパンジーとは違ったスターに出会い、パンジーの奥深さを受け取りました。
大阪のコロナ感染状況のなかで、このような制作発信をされた皆さんの心意気、頑張りが伝わってきました。ありがとうございます。

2021年6月1日(火)

全てを表示

投稿フォーム